洗脳教育?違う、社員教育は育った環境が違う社員を結束させるのに有効な手段

洗脳教育?違う、社員教育は育った環境が違う社員を結束させるのに有効な手段

社会人は共通の認識を持つことから始まる

社員研修は新人研修やスキルを伸ばす研修など様々、共通していることは社員同士で共通の認識を持つことです。もし社員がバラバラの認識を持っていたら、取り引き相手は担当者が変わる度に内容確認をしなくてはならず、継続的な取り引きをすることが困難になります。新人研修では企業理念を新人に叩き込むため、学校を卒業した年のゴールデンウイークに新社会人に再会すると、人格までコロリと変わった印象を抱くことも珍しくありません。

ジェネレーションギャップを埋めるのも研修の目的

新人研修における企業理念はその会社の社員が行いますが、社会人としてのマナー教育まで内部の者が行うと間違ったマナーが受け継がれる恐れもあるため、外部委託したプロが行うことが増えてきました。研修に費用や時間を掛けられる企業は大企業など極僅か、企業理念やマナーなどはその都度怒られながら身に付けさせるとする猛烈社員は今も健在です。どちらのスタイルが社員に合っているかは個人の資質や時代によって変わり、ゆとり世代で育った若者を一人前の社員に育てることに苦慮している企業は多いです。

働き方が変われば研修も変わる

新人研修は直近の利益に繋がらないため入社式前に済ませる企業もあり、中にはeラーニング(インターネットを利用した学習)を使って各自で勉強させる企業もあります。ネット化が進む今日、高い家賃を払ってまで事務所を構える企業は減っており、総会など人が集まる必要がある時のみイベント会場を借りて、通常は自宅に居て仕事をするなど仕事の仕方は大きく変わっています。このような企業では打合せや社員研修もすべてオンライン上、ネットを使えば証拠を残すことも可能なため伝えた聞いていないといった低レベルな争いは起きず、社員は効率的に共通の認識を持つことが可能になります。

社員研修を策定する際は、社員がいかにその内容に集中出来るのかを考えなければなりません。退屈な内容では効果が得られないため、ゲーム性を取り入れることが現代においては必要不可欠です。