自営業における従業員の雇用のやり方

自営業における従業員の雇用のやり方

休業することによる負担の増加

自営業を行う際には、一般の企業とは異なって、従業員が少人数である傾向があります。

しかし少人数の場合には、従業員が病気などで休業すると影響が顕著です。

例えば従業員が5人の状態であれば、1人が全体の20%の仕事を受け待っています。

ところが従業員が1人休業すると、1人が全体の25%の仕事を受け持たなければなりません。

5%仕事を増やすことは、かなりの負担の増加です。

ましてインフルエンザなどの流行性のものであれば、何人かが同時に休業することもあり得ます。

休業に対応することができます

そのため自営業における従業員の雇用のやり方は、急な休業にあらかじめ対応しておくことが必要です。

そうした点で常勤による雇用は、普段は安定していますが、急な変化に対応できません。

しかしアルバイトによる雇用であれば、急な休業があっても対応することが可能です。

例えば従業員1人ぶんを、アルバイト4人でローテーションして雇用するとします。

4人でローテーションしていますから、1人が休業しても、ほかの3人で穴埋めし易くなります。

雇用保険料への加入の有無

また従業員を雇用する際には、労働基準法の適応です。

労働基準法では、一定以上の時間で勤務する人に、雇用保険に加入させることが義務付けられています。

そのため勤務時間が長い常勤の従業員は、雇用保険に加入します。

雇用保険に加入すると、雇用主は雇用保険料の1部を負担しなければなりません。

ところがローテーションであれば、勤務時間が常勤よりも短くなります。

勤務時間が短くなると、雇用保険への加入が不要ですから、そのぶん事業主の負担も軽減します。

こうしたことから自営業では、従業員の雇用のやり方として、アルバイトを選択すると便利です。

高齢者向けの宅配弁当フランチャイズなら、「配食のふれ愛」です。これからますます需要が見込まれる高齢者向けのお弁当サービスなので、注目のフランチャイズとなっています