仕事を通して成長する人の特徴

仕事を通して成長する人の特徴

仕事で成長する人の特徴とは

仕事を通して成長する人がいるものです。反対にいつまで経っても同じ失敗を繰り返す人もいます。この違いは、失敗に対してどのように対処するかが挙げられます。成長する人は、たとえ原因が何であるにしても自分に何ができるかを考えるものです。けれども成長しない人というものは、まず原因探しを行います。そして他の人に原因があれば安堵し、自分にあったと分かると、さらに他にその原因を探します。例えば時間が無いとか連絡が無かったなどということです。

成長する人は失敗をまず認める

仕事における失敗への対処によって、成長するか否かが決まってきます。まず失敗を素直に認めることができる人は、結果的に仕事ができるようになってきます。これは根底には、自分には知らないことが多いという謙虚な気持ちがあるからです。謙虚であるからこそ、知らないことを知りたいという気持ちを持っているわけです。けれども失敗を認めることができない人は、自分は物事を知っているという自負があるものです。そのために新しいことを学ぶ姿勢が無くなるわけです。

経験を積むほどに謙虚になることが大切です

人は経験を積むほどに、自分には知識があると考えるようになります。その結果自分の失敗は素直に認められないようになります。認められなくなると、そこで成長は止まります。逆に多くのことを知るひとほどに、知らないことが山ほどあることを理解します。その結果、失敗は自分を高める糧になることを知ります。つまり恐れることがなくなるわけです。人は歳を取るほどに人前で恥じることを恐れます。けれどもそれは恥ではなく、将来の自分を高める糧だ知ることが大切です。

ワークフローシステムを導入することにより2つの大きなコスト削減効果が期待できます。ひとつはペーパーレスによるコストの削減、そしてもう一つは電子化システムによる時間の短縮です。