レンタルオフィスを選ぶときに知っておくといいこと!

レンタルオフィスを選ぶときに知っておくといいこと!

オフィスの住所を登記できる?

起業してレンタルオフィスを選ぶときには、登記できるオフィスかどうか確認しましょう。レンタルオフィスには、オフィスとして提供はするけれど登記不可物件もあります。また、登記する場合は、別途、費用がかかる場合もあります。希望のレンタルオフィスを見つけたら会社案内を作成しましょう。レンタルオフィスの契約時に、オーナーとの面談が必須条件にしているところがあります。会社の業務形態によってはお断りされる場合もあるので、会社案内を作成して自分たちの会社は安心であることをアピールしましょう。

どのタイプのオフィスですか?

レンタルオフィスはおおきく3パターンあります。完全個室タイプ、ブースで区切られているタイプ、座席自由タイプ。完全個室は費用が高く、座席自由のオフィスは安く提供されたりします。座席自由タイプはコアワーキングともいわれます。ほかの方と共同で仕事をしたい方、またキャビネットがないオフィスも多いので荷物にこだわらない方に向いています。ブースで区切られているタイプは、外観上はオフィスとしてみえるタイプです。周りのオフィスの声など、あまり音がきにならない方に向いています。

会議室は完全個室ですか

レンタルオフィスには来客もあるので会議室を常備しているところが多いです。ただフロアの一画を会議室(ミーティングエリア)と称しているところもあります。これでは会話が周りのオフィスに筒抜けになりますね。できれば完全個室がいいでしょう。無料で個室の会議室を提供しているところや、有料で会議室を提供しているところもあります。また予約制のものや会議室が空いていれば自由に無料で使えるオフィスもあります。来客の頻度によって検討してみましょう。

福岡の賃貸事務所は、駅前や駅近にあることが多いので、交通の利便性が良く利用しやすい物件が多くあります。